ぼちぼち散歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ページの先頭へ

OSを再インストールした

自宅で使っているMacが2年半近く酷使したせいか,調子が悪くなってしまいました.OSのバージョンを10.3?10.4に上げるときに強引に上書きアップグレードしたのが今になって響いてきたのかも知れません.

それはそれとして,MacOSXが調子悪くなったときにはまずアクセス権を修復するのが常套手段です.ディスクユーティリティから「アクセス権を修復」を選ぶか,ターミナルから

diskutil repairPermissions /

などと入力すると,アクセス権を修復できます.これでは問題が解決しなかったので次は,ディスクの修復です.まずは,ディスクユーティリティから「ディスクを検証」を行ってみます.ここで,エラーが出たため,OSのインストールCDから起動して「ディスクの修復」を試みました.Macでは起動時に,Cキーを押しているとCDもしくはDVDから起動します.その状態で,「主に使う言語」で「日本語」を選んでメニューのユーティリティから「ディスクユーティリティ」を起動します.そして,「ディスクを修復」をエラーが出なくなるまで繰り返します.この操作は,起動時にリンゴキー+Sを押しっぱなしにして表れるプロンプトで,

fsck -fy

としても行えます.ここで,問題にぶちあたりました.何回繰り返しても,エラーがなくなりませんでした.どうやらディスクユーティリティでは回復できないエラーがあるようでした.また,これに伴ってか伴っていないかわかりませんでしたが,一部修復できないアクセス権があるらしく,管理者権限の認証がうまくいかない症状も出ました.とりあえず,意味ないとは思いつつもメンテナンススクリプトを実行したりしてみました.

/etc/daily
/etc/weekly
/etc/monthly

これらをそれぞれ入力すると,定期スクリプトを任意に実行できます.これでも,やっぱりダメだったのでアップルのサポートに電話したところ,「OS入れ直すしかないです.」とのことなので,OSの再インストールを決意しました.

MacOS 10.4では3種類の再インストールの方法が選べます.「上書きしてインストール」はそのままシステムを上書きします.手軽ですがエラーが直る可能性は低いです.「アーカイブしてインストール」はユーザのデータは残したままOSをそっくり入れ替えます.今回はこれで行きたかったのですが,ディスク構造が壊れているせいで実行できませんでした.そこで,最後の「消去してインストール」を選ぶことにしました.これは,ハードディスクをいったんフォーマットしてからインストールするので,事前にiPodに必要なデータ(/ユーザ/ユーザ名 の中身をバックアップしとけば大概は大丈夫だと思われます.)を移しておいて,ちょっとビビりながらも,OSの再インストールを行いました.

その後,アプリケーションのインストールをやり直したり,環境設定をやり直したり,データを戻したりで,だいたい半日で元の環境に戻りました.ほとんどのアプリケーションが初期設定を元の位置に戻すだけで復旧完了だったので思っていたより楽にできました.もちろんエラーも修復され快適な環境が戻ってきました.ちなみに,今回自分がとった方法はあくまで一例なので,実際にやられる方は必ずアップルのサイトなど確かな情報源を確認してから行ってください.コマンドとかもうろ覚えなんで(^-^;)

スポンサーサイト

2006/04/23 21:56 | Mac | トラックバック(0) | コメント(2)

ページの先頭へ

フォントにこだわってみる

自分が家で普段使っているMacはヒラギノフォントという大変美しく,視認性の高いフォントがシステムフォントとして採用されているため,快適です.ところが,研究室で使っているWindowsのMSフォントはあまり美しいとは言えず,視認性もよくありません.そこで,Windowsで使える良いフォントを探してみました.

まず,考えたのがMacOS9以前からMacに搭載されている,Appleが開発したOsakaフォントをWindowsで利用する方法です.しかし,OsakaフォントはMacの見やすいOsakaフォントをWinで使おうプロジェクトで配布されているものの,Appleが開発したものだけにライセンス的に怪しいので,今回はやめておくことにしました.次に見つけたのが,M+ FONTSです.M+ FONTSは確かに美しいのですが,今のところひらがな,カタカナ,英数しかありません.M+ FONTSではIPA フォントとの合成方法が示されているものの,めんどくさそうだと思っていたところ,合成済みのフォントを配布してくれているところがありました.これをWindowsのシステムフォントやブラウザの標準フォントに指定してみたところ,そこそこ見やすくなったのでWindows環境ではしばらくこのままM+ + IPAフォントで行くことにしました.

さらに,プログラミングをする際に使用するフォントについても探してみました.プログラミングに使うフォントには美しさだけでなく,1(いち),l(Lの小文字),I(iの大文字),|(縦棒)や0(ゼロ),O(oの大文字)など,似た文字を一目で区別できることが求められます.いろいろ調べていると,同じようなことを考えている人はいるもので,SafariStandの開発者のHetimaさんのブログで同じようなことが言及されていました.こちらで紹介されているBitstream Vera Fontsが各文字の識別もしやすく,MacでもWindowsでも利用することにしました.Windowsの環境ではFont Link機能を使って先程のM+ + IPAフォントと組み合わせれば文字列やコメント部に日本語を使ったときでも違和感なく表示することができます.

【追記 (2006/5/2)】M+ + IPAフォントの配布先がリンク切れになっていたのですが,こちらに移転していました.しかも,M+ + IPA + Bitstream で等幅のフォントも追加されており,最高です!

2006/04/16 17:25 | Tips | トラックバック(0) | コメント(0)

ページの先頭へ

学術論文用ソーシャルブックマークCiteULike

学術論文用のソーシャルブックマークサービスであるCiteULikeというサービスを見つけました.大学で研究している人なんかはわかると思うのですが,参考論文の管理や自分で論文を書くときのBibTexの編集なんかはものすごくめんどくさいです.その辺をある程度解決してくれるのがこのCiteULikeです.

使い方は対応サイトでBookmarkletを実行するだけでおーけーなのが素敵です.自分は情報系なのでACMなどをよく参照するのですが,ばっちり対応していて試しにACMに登録されている先輩の論文をCiteULikeに追加してみたのですが,完璧ではないものの,著者名,年,書籍名,ページ数ぐらいは自動で入力されました.しかも,BibTexでエクスポートできるので,自分で論文を書く際にも重宝しそうです.

ちなみに,MacユーザならばpKizzyもオススメです.PDFファイルを簡単に整理,閲覧できる上にBibTex形式のエクスポートも可能なので便利です.

2006/04/15 00:43 | Web | トラックバック(0) | コメント(0)

ページの先頭へ

Googleさんもカレンダーサービス出した

Google Calendarがリリースされました.個人的には以前紹介したKikoの方がデザインがきれいだし,使い勝手も良く,フィードバックに対する返事も異様に早いので好みなのですが,Google Calendarは日本の休日も表示できたり,おそらくこれからはGmailなどと連携して行くと思われるのでそれはそれで魅力的です.

ところで,パソコン上で扱うカレンダーはiCalendarという形式で標準化されているので,オンライン,オフラインに関わらず全てのカレンダーアプリが対応してくれたり,携帯電話がうまいことサポートしたりして,その上同期も取れればスケジュール管理が手軽にできて楽しい気がします.

ちなみに,Google Calendarの利用にはGmailのアカウントが必要なようです.リアルで知ってる人ならば招待するので,興味のある方は連絡ください.

2006/04/14 01:56 | Web | トラックバック(0) | コメント(0)

ページの先頭へ

Intel MacにWindowsをインストールできる!

AppleがIntel Macのファームウェアをアップデートした上に,Boot Campというソフトウェアのパブリックベータ版(正式版は次期OSのMacOSX10.5 "Leopard"に搭載予定らしい)を発表しました.これにより,簡単にIntel Mac上でMacOSとWindowsのデュアルブートが実現できるそうです.少し前に有志によってIntel Mac上でWindowsを動かす方法が発見されていましたが,これで公式に,一つのパソコンでMacもWindowsも使えるようになったわけで,未だかつてない出来事です.

さらに, Chameleonという仮想化技術を開発中という噂もあり,なんだかMacOSX10.5 "Leopard"はえらいことになりそうです.もっと言うと,Linux上でWindowsのAPIをエミュレートして直接Windowsのアプリケーションを動かすWineのMac版であるDarwineも,着々と開発が進んでいるらしく,あの手この手でWindowsをのっとりにかかっている感じさえします.

今のところ,Boot Campを利用するためには正規のWindowsのインストールCDを買わなければいけないためMicrosoftに直接打撃を与える,というよりもPCのハードを販売しているメーカーが大変そうです.しかし,Appleの売り上げはだいぶ伸びそうです.Boot Campの発表で株価も上がったみたいですし.

ユーザとしては,Intel MacによりMacもWindowsも利用できる環境があれば,Macを使ったことないWindowsユーザも安心して利用できるし,MacユーザでもどうしてもWindowsアプリを使わなければならない状況(ウェブページのチェックでWin IEを使いたいときとか)では便利になりそうです.

2006/04/06 20:13 | Mac | トラックバック(0) | コメント(0)

ページの先頭へ

トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。