ぼちぼち散歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ページの先頭へ

MacでWindows版IEを動かす

ies4osxを試す(2) - soundscape outを参考にさせて頂いて,ies4osxをインストールしてみた.

自分はLeopardなので,ies4osxのページを参考にDarwineの0.9.49をインストール.次に落としてきたInstall Ies4osxをダブルクリックして,IE6とIE7 betaを選択し日本語でインストールしてみた.先ほどのsoundscape outさんのページを参考に,IE6及びIE7 betaのパッケージを開いた中の/Contents/Resources/ie6/drive_c/windows/fontsにMS系フォントを突っ込んで完了.MS系フォントはMac版MS Officeを買わなくても体験版を落としてきてインストールしてからアンインストールすれば~/Library/FontsにMS系フォントが残るんだったと思う.多分.そして,ライセンス的にもフォントだけならそのまま使ってもよかったはず.多分.ちなみに,自分はMac版のMS Office X持ってます.

実際に使ってみると,X11なので日本語入力できないしキーボードはUS配列として認識されるしで,ちょっと使いにくいもののページのレンダリング自体は問題なく行える模様.Acid 2もちゃんと(?)めちゃくちゃになった状態で表示された.あと,コピペするにもMacのCommand+C(or V)とかじゃなくてWindowsのようにControl+C(or V)とかにしないとだめ.でも,クリップボードの中身はちゃんとやりとりしてくれるみたい.どうせこんなブラウザ常用するはずもなく,表示チェックができれば十分なので,ies4osxは必要十分な感じだと思った.

日本語入力できない問題は,たぶんkinputとかのX11で使えるIMをインストールすればいいんだろけど,面倒くさいからやってない.キーボード配列もあれだけど,コピペができるのでとりあえず困らなそう.

スポンサーサイト

2007/11/26 01:09 | Mac | トラックバック(0) | コメント(0)

ページの先頭へ

トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。