ぼちぼち散歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ページの先頭へ

Locationbar2のようなURL表示にするVimperatorプラグイン作った

Vimperator使っているからには :set guioptions=tbぐらいにはしたい,というのがあったものの,どうしてもT(ナビゲーションツールバー)を消せずにいた.理由を考えてみると,ナビゲーションツールバーの機能はほとんど使ってないけど,表示されている情報が非常に重要だからだと思った.

ナビゲーションツールバーの情報のうちfavicon,スター,フィードの各表示についてはmigratestatusbar.jsを導入して,.vimperatorrcに

javascript <<EOM
liberator.globalVariables.migrate_elements = [
    {
        // star button of awesome bar
        id:    'star-button',
        dest:  'liberator-statusline-field-url',
        after: true,
    },
    {
        // icon that show the existence of RSS and Atom on current page
        id:    'feed-button',
        dest:  'liberator-statusline-field-url',
        after: true,
    },
    {
        // favicon of awesome bar
        id:    'page-proxy-stack',
        dest:  'liberator-statusline',
        after: false,
    },
];
EOM

などと書くことによってステータスバーに移動することができる.ところが,Locationbar2を使って色分けしているURL表示については今のところ代替がなかったので,作ってみた.

名前が微妙な気もするけど,以下の画像のような感じで既存のURL表示をLocationbar2風に置き換えます.

見た目を変えるだけでなく,Locationbar2のようにURLの各部分をクリックすると上の階層へ移動できたりします(Vimperator使いならguとかgUとか使うと思うけど).このへんの実装に関しては元のLocationbar2の実装をだいぶパクりました.また,:highlightコマンドにも対応していて,:hi ColorizeUrlDomain -append color: green とかできます.普通に.vimperatorrcに書くとエラーになるので,loadpluginsするなり,afterのようにするなりしないといけませんが.

注意点としては今のところ,:set showstatuslinks=1してるときに,リンクのURLが表示されません.というか,普段 :set showstatuslinks=2なのでさっきまで全然気付いてませんでした.

というわけで,今のところのVimperatorの見た目は以下のような感じです.guioptionsのB(ブックマークバー)もどうにかしたい気もするけど今のところは妥協しています.

スポンサーサイト

2009/01/05 15:08 | Mac | トラックバック(0) | コメント(0)

ページの先頭へ

トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。