ぼちぼち散歩

xdebugとphshをMacPortsで

やってみたのでメモ.適当にやってるので,マネする人は自己責任でお願いします.

phshはベイエリア情報局: phsh(PHPでシェル)を公開しますにある通り,PEAR::Console_Getopt,readline,pcntlに依存している.PEAR::Console_GetoptとpcntlはMacPortsでインストールできるものの,readlineが無効でビルドされるので,portファイルをいじる.

sudo port edit php5

とすると,php5のportファイルを環境変数EDITORに指定されているエディタで開けるので,適当に編集する.59行目ぐらいからはじまるconfigureオプションの最後のところを

?
    --with-freetype-dir=${prefix} \
    --with-readline=${prefix}
?

とする.あとは,他に必要なものも適当に考えて

sudo port install php5 +apache2 +mysql5 +pcntl +pear

とかしてPHPをインストール.PHP4も同じようにできるかも知れないし,できないかも知れない.PEAR::Console_GetoptはPearに付いてきてたような気がするのでたぶんこの状態でphshは動くはず.Console_Getoptがあるかどうかは,

pear list

で分かる.ないときは,

sudo pear install --alldeps Console_Getopt

でインストールできる.Pearはデフォルトでは依存関係のあるモジュールをインストールしてくれないみたいなので--alldepsオプションを付けるようにしておくと幸せになれる気がする.その他Pearの使い方が分からないときは

pear help

でなんとかなる.次は,xdebug.PHP5をインストールするとPeclというPHPモジュールを管理するやつもついてくるので,

sudo pecl install --alldeps xdebug

で,インストールできる.Peclの使い方もだいたいPearと同じようだ.あとは,php.iniでxdebugを読み込むようにする.

sudo vim /opt/local/etc/php.ini

とかして,ファイルのextensionがいっぱいコメントアウトされてるらへんに,

zend_extension=/opt/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/xdebug.so

と書く.php.iniがないときは,/opt/local/etc/php.ini-distか/opt/local/etc/php.ini-recommendをコピーしてphp.iniにすればよいみたい.

あとは,apacheを再起動してphpinfoを見てxdebugの項目が増えているの確認できればおーけー.phshとかxdebugがなんぞやは適当にググってみてください(^-^;)

スポンサーサイト

2007/12/07 00:47 | PHP | トラックバック(0) | コメント(0)

ページの先頭へ

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURL
http://relaxedcolumn.blog8.fc2.com/tb.php/105-05580e2c

トップページへ