ぼちぼち散歩

MacVim-Kaoriyaでデフォルトのvimrcとgvimrcを読まないようにする

Mac上のGVimとしては最強に快適なMacVim-Kaoriyaだけど,デフォルトでKaoriya版GVimに含まれるvimrcとgvimrcが読まれて,個人的にはいらない設定を勝手にされてしまうので,これを回避してみた.

vimrcとgvimrcを読んだらわかる通り,基本的には /Applications/MacVim.app/Contents/Resources/vim/ にちょろっとファイルおくだけだけど,MacVim-Kaoriyaアップデート時に簡単に再設定できるように簡単なワンライナ(?)にしてみた.ついでに,vimrc_local.vim にて set langmenu=ja_ja.utf-8.macvim することで,メニューがMacらしく日本語化される.自分はzshの履歴にこのコマンドを覚えさせといて利用している.

echo "let g:vimrc_local_finish = 1\nset langmenu=ja_ja.utf-8.macvim" > /Applications/MacVim.app/Contents/Resources/vim/vimrc_local.vim; \
echo "let g:gvimrc_local_finish = 1" > /Applications/MacVim.app/Contents/Resources/vim/gvimrc_local.vim

ちなみに,WindowsのKaoriya版GVimでも同様に,デフォルトのvimrcとgvimrcの読み込みを阻止している.あと,Windowsで:set encoding=utf-8する方法 - 永遠に未完成を参考にUTF-8化するのもおすすめ.自分の場合はPoeditで エンコードの変換とmoファイルへの変換を一気にやりました.

スポンサーサイト

2009/07/01 20:53 | Vim | トラックバック(0) | コメント(0)

ページの先頭へ

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURL
http://relaxedcolumn.blog8.fc2.com/tb.php/153-916438ec

トップページへ