ぼちぼち散歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ページの先頭へ

Firefoxをこう使ってます的な何か その3

今回はタブ関係の拡張機能でまとめてみようと思う.

about:configの設定

Firefoxはロケーションバーにabout:configと入れることで,GUIにない細かい設定も行うことができる.フィルタでインクリメンタルに項目を探せるので,適当に「tab」とか入れるとタブ関連の項目を探せます.タブ関係で自分が設定しているのは以下の項目.

browser.tabs.closeButtons 2
タブの閉じるボタンの表示方法に関する設定.2にしとくとボタンが表示されなくなる.タブを閉じるときは,マウスジェスチャかタブを中クリックかキーボードショートカットなので,ボタンは不要.
browser.tabs.loadBookmarksInBackground true
ブックマークを中クリックで新規タブに開いたときにフォーカスを移さない設定.ちなみに,ノートパソコンのタッチパッドなど中クリックがないときは,Macの場合はCommandキー(リンゴキー)+ クリックで代用できる.右クリックはControl + クリック.Windowsの場合はどうなんやろ?
browser.tabs.loadDivertedInBackground true
たぶん,JavaScriptのwindow.openなどで新規タブが開かれるときにフォーカスを移さない設定.livedoor Readerで記事を読むときには必須.livedoor Readerでは,sおよびjを連打して,面白そうな記事があればvで開くというのを繰り返してタブを垂れ流すという使い方をしてる.あとで紹介するツリー型タブと使うと快適.
browser.tabs.loadFolderAndReplace false
これをtrueにしておくとフォルダにまとめられたブックマークを一気に開くときに,既存のタブが上書きされてしまう.
browser.tabs.loadInBackground true
これはたぶん,設定の「タブ」→「リンクを新規タブで開いたとき、すぐにそのタブに切り替える」に対応してるけど念のため.これもフォーカスを移さない設定にしている.
dom.popup_maximum 9999
JavaScriptのwindow.openなどで新規タブを開くとき,何回まで許可するかという設定.たしかデフォルトは20ぐらいになってて,livedoor Readerから30とか記事を開こうとすると途中でできなくなってしまう.9999もタブを開くことは絶対ないけど,適当に大きな数を指定しておけば際限なくタブを開くことができる.

about:configに関しては,about:config と user.js による Firefox のカスタマイズ - えむもじらが詳しいので参考になる.また,About:config entries - MozillaZine Knowledge Base(和訳:about:config - Firefox - index)に,各項目の説明がある.さらに,FirefoxやThunderbirdのメモリ消費量を劇的に減らす方法 - GIGAZINEというのもあるが,自分はやっていない.

タブ関連の拡張機能では,Tab Mix Plusが有名だけど,about:configの設定や以前に書いたFirefoxが便利になる小技Firefoxが便利になる小技2にある小技の運用や他の拡張機能で,思い通りの動作になるので使っていない.

ツリー型タブ

タブを縦置きにして,かつ,新規タブを開く際には親子関係を認識してツリー型に配置,さらには,ドラッグ&ドロップで再配置まで可能な個人的には神のような拡張機能.特に,livedoor Reader(以下,ldr)との組み合わせで力を発揮する.ldrでvで新規タブを開くとldrを表示しているタブの子としてタブが追加されていき,さらにそのタブから参照されているリンクをタブで開くとldrから見ると孫の位置にタブが開かれる.というわけで,どのタブがどのタブから開かれたのかを視覚的に保存するため,効率的にブラウジングできる.調べものをする際にもGoogleの検索キーワードごとにタブを作りそれぞれからタブで開けばキーワードごとのツリーを作れるし,あとで並べ替えたりもできるので情報を整理しながら検索できる.

ただし,テーマによっては,縦置きしたときにタブの表示がおかしくなるので,困ることがあるかも知れない.これはLocationbar2も同様で,せっかくかっこいいテーマがあってもコンフリクトすることがある.ちなみに自分は,Kempeltonというテーマがお気に入り.

マルチプルタブハンドラ

複数のタブをまとめて操作できる拡張機能.特に便利なのが,「すべてのURIをコピー」で,設定で「ページのタイトルとURI」や「HTMLのリンク」にしておけば,まとめてタイトルとリンクをコピーできるので,人に複数ページを伝えるときにはかなり簡単にコピペできる.例えば,「PHPについて聞きたいんやけど?」と言われれば,livedoor Clip IncSearchで「PHP」で絞り込んだのち,適当によさそうなのをタブで開いていく.もちろんこのときツリー型タブでlivedoor Clip IncSearchのタブの子としてまとめられるので,他の作業中でもタブが混ざったりしない.そしてさらに内容を吟味して3?4個に絞り込んだらまとめてコピーして,メッセンジャーなりメールなりで投げるといった感じ.

ツリー型タブとマルチプルタブハンドラの作者は同じ方(piroさん,サイト:outsider reflex)で,かなりの数の拡張機能を作っていらっしゃる.どれもがFirefoxとブラウジングをよく理解し,かつ安定した実装となっていると思う.しかも,いくつかの機能はFirefox黎明期より存在したタブブラウザ拡張の機能としても実装されていたとかで,驚きである.つまり,世の中のほとんどの人がまたタブブラウザの「タ」も知らなかった頃から「タブをツリーにしたら良さそう」とか「タブはまとめて選択して操作できるべき」などと考え実装していたのである.Latest topics > 使う道具が人の考え方を決めるということと、自分が「自分を変えたくない」と思いこの場所に留まり続けているということ - outsider reflexというブログエントリでも,インタフェースに関する哲学が感じられるし,本当にすごい人だと思う.

テキストリンク

タブは関係ないけど,piroさんシリーズということでここで紹介しておく.これは,リンクになっていないURLっぽい文字列をダブルクリックで選択したり開いたりする拡張機能.ウェブ上では何故かリンクが貼っていなかったり,意図的に貼っていないURL文字列らしきものが多くあるので,これを入れてくと簡単に開けて便利.よくあるhを削ってttp://...となっているのも開けたと思う.

もひとつpiroさん関連で,Latest topics > 大量のタブを管理するための様々なアプローチ - outsider reflexのエントリにてタブ関係の拡張機能が分類,まとめられているので参考になると思う.

iswitchb-tabs

タブをたくさん開いていると,タブ間の移動も大変になってくる.マウスがあるときはいいけど,キーボードで何でも操作したい派なので,今度紹介する予定のVimperatorに加えて,この拡張機能も使っている.これは,F9でタブ一覧が開いて,そこからタブ名で絞り込みをかけてタブを選択できるというもの.Vimでもバッファをインクリメンタルに絞り込んで選択するfuzzyfinder.vimというプラグインがあるので同じようなのがないかと思って探したらあった.

ショートカットキーはデフォルトはF9キーだけど,ExposeとかぶるのでMacでは「システム環境設定」→「マウスとキーボード」→「キーボードショートカット」にFirefox.appを足して,「M-x iswitchb-tabs」にControl + b(^Bと表示される)を追加している.Firefox関係ないけど,Macではこんな感じでメニューの項目名に直接ショートカットキーを割り当てることができる.さらに脱線すると,Leopardからは,/System/Library/CoreServices/Finder.appに「パッケージの内容を表示」を割り当てられるようになっている.どうやら非表示でメニューに「パッケージの内容を表示」が追加されていて,ショートカットキーを割り振れるようになったらしい.Command + Option + oとかに割り当てると便利.

たぶんタブ関連はこんなもんだと思う.さらに続きます

スポンサーサイト

2007/11/10 16:23 | Firefox | トラックバック(0) | コメント(0)

ページの先頭へ

コメント

コメントの投稿


トラックバック

トラックバックURL
http://relaxedcolumn.blog8.fc2.com/tb.php/92-b926584b

トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。